ニンジンを発芽させるコツ ~もみ殻を使えば、発芽率がアップする

スポンサーリンク

ニンジンの発芽は難しい!?

ニンジンを発芽させるのは難しいと言われていますが、もみ殻を使うと成功率が上がります。

ニンジンの種は、浅めに撒くので土を薄く被せて陽が当たる方が発芽します。

その一方で湿気がないと発芽しません。

ですから、もみ殻に水分を含ませつつ、陽の光を土に届かせつつも、土の表面の水分を蒸発させずに土の湿気を保つことができます。

乾いて種が飛んでいくのも防ぐうえ、もみ殻はいつか土に還る天然のものです。

種まきからしばらくは朝晩の水やりが必要ですが、もみ殻があればとても安心です。

View this post on Instagram

【ニンジンを発芽させるコツ】ニンジンを発芽させるのは難しいと言われていますが、もみ殻を使うと成功率が上がります。ニンジンの種は、浅めに撒くので土を薄く被せて陽が当たる方が発芽します。その一方で湿気がないと発芽しません。ですから、もみ殻に水分を含ませつつ、陽の光を土に届かせつつも、土の表面の水分を蒸発させずに土の湿気を保つことができます。乾いて種が飛んでいくのも防ぐうえ、もみ殻はいつか土に還る天然のものです。種まきからしばらくは朝晩の水やりが必要ですが、もみ殻があればとても安心です。 #ニンジン #人参 #ニンジンの種まき #人参の種まき #もみ殻 #乾燥防止 #発芽率 #水やり

A post shared by 栽培ライフ(素人でもできるカンタン野菜づくり) (@3181jp) on

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で