1月の種蒔き、苗植え、収穫、剪定  [詳しくはこちら→]

ニンジンの基本の育て方/栽培方法のポイント

スポンサーリンク

ニンジン の基本の育て方

ニンジンの基本情報

セリ科

種蒔き 8月9月 直播

収穫 10月2月

ニンジンの基本の準備

水はけの良い土壌。発芽までは保湿と光。

 

ニンジンの種と苗

種蒔きは、「ばらまき、筋蒔き」なんでもOK。

発芽条件は、光と水。

土は軽くかけて鎮圧程度で、光が種に届くことが重要。

水はたっぷり与える。雨の降った翌日などがベスト。発芽まで水は欠かさない。

もみ殻などを被せると、日があたる上、乾燥も防げる。

移植は不可。苗でなく種蒔きのみ。

栽培中の水と肥料

発芽の難易度が高いので、それ以降は適度に水を与えれば良い。

 

栽培中の対策・注意

間引きを2回に分けて行う

葉が触れ合うタイミングで

1回目はは5センチ間隔、2回目は10センチ間隔

長雨に弱いので、成長後には梅雨や秋雨の前に収穫する方が良い。
(成長段階であれば大丈夫。)

春蒔きニンジンは、暖かくなるとトウ立ちするので注意。固くて食べられない。

アゲハチョウが卵を産みやすい。

ニンジンの収穫

根の直径が5~7センチになって肩が出始めたらOK

 

ニンジンの保存

寒さに強いので、葉が枯れても掘り起こさずにそのまま3月まで保存可能。

ニンジンを洗って水分を切った上で、新聞紙などにくるんで冷暗所で保存すれば数ヶ月はもつ。

ニンジンの採種

春 花が咲いたら 最初のとう立ちは外して、残りのものから採取