キウイフルーツの剪定時期とその方法 ~切って良い枝、枝の残し方

スポンサーリンク

キウイフルーツと剪定

昨年はキウイフルーツが2-3個しかなりませんでした。

一昨年は豊作だったとか。

剪定をしすぎたということだったので、昨年は剪定をしなかったということでした。

ということで今年から、私が剪定担当をします。

1月の剪定前のキウイ棚です

キウイフルーツの剪定前

伸び放題ですね。(笑)

剪定をしましょう。

キウイフルーツの剪定時期と方法

キウイフルーツの剪定時期

一般的には

キウイフルーツは1月末までに剪定を終える

とのことです。

寒い場所では2月でもOKとのことです。

切った場所から樹液が止まらなくなるので、休眠している間にするのが良いとのことです。

キウイフルーツのオスとメス

キウイフルーツはオスとメスがありますが、メスに実をつけます。

オスの花は受粉用に必要ですが、それ以上には特に必要ありません。

ですから、花が咲くようにしていれば、不要な枝は切ってしまって良いです。

上に伸びた枝は切る

キウイフルーツはとても良く伸びるので、全体的には切りすぎなくらいに切っても良いです。

特に、上に伸びた枝は切りましょう。

どんどん上に伸びていきますし、上に伸びたところで実をつけても収穫ができなくなってしまいます。

できれば、主枝だけを伸ばしていき、脇に伸びた枝で実をつけていくようにします。

昨年実が付いた枝には、実がつかない

脇に出た古い枝には実が付きません。

新しく伸びた枝に実が付くそうです。

つまり、実が付いた枝は切り落として大丈夫ということなので、収穫のときにどれに実がついたかマークをしておくのが良いでしょう。

そして、キウイフルーツは新しい枝に実がつくので、7節くらい残して切るようにしましょう。

主枝を切り返す

一方方向にどんどん伸びていくので、そのままでは棚がなくなります。

ですから、枝を残して主枝を切り落として方向転換しても良いです。

キウイフルーツの剪定前と後

剪定前

剪定後

とりあえず昨年の様子がわからなかったので、切りすぎないようにしました。

でもたぶんもっと切って大丈夫だと思いますが、今年はこのくらいで。

切ったら肥料を必ずあげましょう。

春になったら、キウイフルーツの人工受粉をさせてたくさんの実をつけさせましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で