10月の種蒔き、苗植え、収穫、剪定  [詳しくはこちら→]

キウイの枝の剪定に必要な準備、道具など

スポンサーリンク

キウイは、ツル状の枝が、どこまでも伸びていく・・・

1月になったらキウイの剪定ですね。

 

キウイの剪定って、鋏さえあれば大丈夫なんじゃないの?

 

たしかに、そうなのかもしれませんが、キウイは棚に、ツルが絡み合って伸びます。

しかも、どんどん、空に向かって伸びていきます。

キウイの剪定:キウイはどんどん上に伸びていく

すごい伸びます・・・

どこへいくんだーーーー!

というくらいに。

 

そして、絡みつきます。

キウイの剪定:巻き付くツル

どこまで縛り上げるのでしょうか・・・

ちなみにこれは、隣りの柿の木に絡みついています。。。

併設してある小屋の隙間から、中にも入っていきます。

 

キウイの剪定は、なかなか手強いですよ。。。

 

そんなキウイの剪定に使っている道具をご紹介します。

キウイの剪定に必要な道具

剪定用のハサミ

小さな枝は剪定用の鋏で切り落とせます。

のこぎり

少し太い枝は、のこぎりで切ります。簡易的なものでも大丈夫です。

軍手(ぐんて)

できれば、刃物で切れない軍手がいいです。100均のものでも構いませんが、気をつけてください。

脚立(きゃたつ)

棚がそれほど高くないと思うので、低めの脚立があればいいですね。

高めのであればこんな感じですね

結束バンド(ナイロンケーブルタイ)

ナイロンケーブルタイは、雄枝と雌枝を見分けるのに使います。

キウイの剪定をする前に、残しておく枝に結束バンドで「印」をつけておくと便利 ~雄の木と雌の木を見分けておく
キウイの枝、どれを切ればいい? キウイの枝、これだけこんがらがっていると、どこをどう切っていいのかわかりませんよね。 ですが、もちろん「切っていい枝、切ってはいけない枝」があります。 順番に追っておけば、それほど難しい...

長靴

絡み合った枝が落ちると、普通の靴ではズボンとの間から刺さってきます。

防寒、防風、防枝・・・

絡み合った枝を切ると、その反動が体に当たることもあります。また、少し高い位置に立ったままなので、この1~2月は、防寒・防風対策が必須です。どんなものでもいいですが、枝の切り口で布が裂けるといけないので、ナイロンよりも布をオススメします。

 

準備が整ったら、

晴れた、風のない日

を見計らって、剪定していきましょう。