5月の種蒔き、苗植え、収穫、剪定  [詳しくはこちら→]

根粒菌(こんりゅうきん)の不思議なパワーと役割

根粒菌(こんりゅうきん)の役割。枝豆/大豆を抜いてみると根っこに数ミリメートルの瘤(こぶ)のようなものがたくさん見えます。これは根粒と呼ばれる根の一部の器官で、この中に根粒菌(バクテリアの一種)という土壌微生物が住んでいます。根粒菌は窒素をアンモニアに変える役割をしています。もしこれを科学的に精製しようとすると、1000気圧、500℃という過酷な環境で作られますが、根粒菌はこれを自然にやってのけます。空気から植物の成長に必要な「窒素」を土に与えることができるので、緑肥とも言われています。枝豆/大豆が痩せた土でも育つのは、この根粒菌が居るからなんですね。次に植える野菜にもとても良い影響が出てくることでしょう。

スポンサーリンク

根粒菌(こんりゅうきん)の役割

枝豆/大豆を抜いてみると根っこに数ミリメートルの瘤(こぶ)のようなものがたくさん見えます。

これは根粒と呼ばれる根の一部の器官で、この中に根粒菌(バクテリアの一種)という土壌微生物が住んでいます。

根粒菌は窒素をアンモニアに変える役割をしています。

もしこれを人間が科学的に精製しようとすると、1000気圧、500℃という過酷な環境で作られますが、根粒菌はこれを自然にやってのけます。

空気から植物の成長に必要な「窒素」を土に与えることができるので、緑肥とも言われています。

枝豆/大豆が痩せた土でも育つのは、この根粒菌が居るからなんですね。

次に植える野菜にもとても良い影響が出てくることでしょう。

#根粒菌 #大豆 #枝豆 #窒素 #緑肥