12月の種蒔き、苗植え、収穫、剪定  [詳しくはこちら→]

秋ナスの準備。たくさん実が付くように→ナスの切り戻しは、8月に入ってからすぐに

ナスの切り戻しは、8月に入ってからすぐに。枝分かれから一つ分の葉を残してバッサリと切り落としましょう。あまりに大胆で最初は躊躇するかもしれませんが、大丈夫ですよ。切り終わったら株から30cmくらいの場所にスコップを入れます。新しい根を伸ばすために古い根を切ります。その切れ目に肥料をあげて、あとは雑草マルチで覆います。これであとは猛暑の中で水やりを忘れなければ、1か月後には秋ナスが実っているはずです。

夏のナスは、7月いっぱいです。

8月に入ってからすぐに切り戻しをして、おくと、秋にもう一度、大量の茄子が収穫できます。

そのまま放置しておくと、根が疲れて秋ナスはうまく実りません。

そんなわけで、

切り戻し→根切り→施し→水やり

をしておきましょう。

8月頃のナスは、こんな感じで被い茂っています。

枝分かれから一つ分の葉を残してバッサリと切り落としますが、まずは茄子を取ってしまいましょう。

あまりに大胆で最初は躊躇するかもしれませんが、大丈夫ですよ。

切り終わったら株から30cmくらいの場所にスコップを入れます。

ナスの切り戻しは、8月に入ってからすぐに。枝分かれから一つ分の葉を残してバッサリと切り落としましょう。あまりに大胆で最初は躊躇するかもしれませんが、大丈夫ですよ。切り終わったら株から30cmくらいの場所にスコップを入れます。新しい根を伸ばすために古い根を切ります。その切れ目に肥料をあげて、あとは雑草マルチで覆います。これであとは猛暑の中で水やりを忘れなければ、1か月後には秋ナスが実っているはずです。

新しい根を伸ばすために古い根を切ります。

その切れ目に肥料をあげます。

ナスの切り戻しは、8月に入ってからすぐに。枝分かれから一つ分の葉を残してバッサリと切り落としましょう。あまりに大胆で最初は躊躇するかもしれませんが、大丈夫ですよ。切り終わったら株から30cmくらいの場所にスコップを入れます。新しい根を伸ばすために古い根を切ります。その切れ目に肥料をあげて、あとは雑草マルチで覆います。これであとは猛暑の中で水やりを忘れなければ、1か月後には秋ナスが実っているはずです。

そして、あとは雑草マルチで覆います。

ナスの切り戻しは、8月に入ってからすぐに。枝分かれから一つ分の葉を残してバッサリと切り落としましょう。あまりに大胆で最初は躊躇するかもしれませんが、大丈夫ですよ。切り終わったら株から30cmくらいの場所にスコップを入れます。新しい根を伸ばすために古い根を切ります。その切れ目に肥料をあげて、あとは雑草マルチで覆います。これであとは猛暑の中で水やりを忘れなければ、1か月後には秋ナスが実っているはずです。

これであとは猛暑の中で水やりを忘れなければ、1か月後には秋ナスが実っているはずです!

#ナス #切り戻し #秋ナス #ナスの切り戻し #ナス栽培 #茄子 #茄子栽培 #茄子の切り戻し #根切り #根切り作業 #追肥 #雑草マルチ